壱章/人斬り/挿話玖/隠岐虎士郎という男

隠岐虎士郎。

京都で有数の剣術道場を開いている隠岐家の四男で、三男の虎三郎とは二卵性双生児である。

長子である虎太郎とは五つ、次兄である虎次郎とは二つ、年が離れていた。

そして武家の家系に生まれた為、当然ながら兄達と共に、武道を叩き込まれる事になる。

その隠岐家では出来の悪い者に対して、より厳しい修行を課していた。

虎三郎と虎士郎が修行に加わるまで、その扱きの対象は虎次郎であったのだが、虎三郎と虎士郎が修行に加わる様になると、その扱きの対象は虎士郎へと移る事になる。

虎三郎は幼少の頃から優秀だったからだ。

一方、虎士郎は剣術の修行において、表面的には何の才能も発揮が出来ずにいた。

その事で虎士郎は周囲から『隠岐家の恥晒し』と罵られたりする事になってしまう。

そして虎士郎が十六歳になった時に『隠岐家の恥晒し』をいつまでも本家に置いておく事は出来ないという事で、本家からは追い出されて、近所で一人暮らしをさせられる事になる。

ただし母親の計らいで、生活に必要な物は用意されていたので、自立が出来ているとは言い切れなかった。

そんな中、虎士郎が本家から追い出されるのと時を同じくして、多重人格が顕れ始める。

夜になり主人格が眠りに就くと、もう一つの人格が目を覚まし、夜な夜な京の町に出掛けて人を斬っていた。

この二つの人格はそれぞれ別人格の存在を知らず、別人格の時の記憶は全くない。

そして主人格の時には人を斬るどころか、他者に攻撃を加える事すら出来なかった。

しかし、もう一つの人格の方は非常に残忍で、人を斬る事のみを生きる糧としているのである。

また主人格の時には、厳しい修行の成果も見た目には出せないでいたのだが、もう一つの人格には、その修行の成果と虎士郎の内に秘めたる才能が、十分に見て取れた。

虎士郎は父と兄からの扱きを受ける事で、いつしか人並み外れた観察力を身に付けていたのである。

そして、その観察力を以って、扱きを受ける際に急所を外す事をしていた。

攻撃を躱そうと思えば躱す事も出来たが、躱してしまうと、その後、余計に扱きが厳しくなったりもする。

それを避ける為に攻撃を受けながらも、ダメージを最小限に抑える術を身に付けていた。

そして、その様な事が実戦において、虎士郎を無敵の強さにしていたのだろう。

虎士郎には相手の攻撃の全てを見切る事が出来た。

相手を攻撃する力が未熟でも、相手からの攻撃を受けなければ、いつしか相手に隙も出来る。

その隙を突いて攻撃すれば、未熟な攻撃も有効に出来た。

その様にして、これまで虎士郎は人を斬り続けてきたのである。

因みに虎次郎を斬った時は、虎次郎を待ち伏せしていたのではなく、誰かが通り掛かるのを待伏せていたところを、たまたま虎次郎が通り掛かっただけであった。

虎士郎はいつも、その様に京の町の何処かで待伏せて、通り掛かった誰かを斬っていたのである。

そして実は、隠岐四兄弟の父である源太郎を斬ったのも、この虎士郎なのであった。

しかし、その事も主人格は全く覚えていない。
[PR]
by gushax2 | 2016-04-27 06:12 | 壱章/人斬り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 壱章/人斬り/挿話拾/不覚を取った男 壱章/人斬り/挿話捌/不用意な男 >>