壱章/人斬り/挿話弐拾壱/見る目のある男

「お前等も、いずれは俺に斬られるんだからな」

新撰組の前身である浪士組結成時に、天竜が同志達に向かって言った言葉である。

屈強な者達が集まった浪士組の中でも、天竜は桁外れに強かった。

他の者達は天竜を恐れもしたが、仲間である事で安堵感もあった様である。

もし敵になる事があったとしても、大勢で立ち向かえば何とかなると思ってもいた。

だから天竜は浪士組、そして新撰組の中で重宝される。

悪く言えば、いいように使われていた。

しかし天竜はその様な事も承知の上で、浪士組、そして新撰組に身を置いていたのだ。

そんな天竜が何故、浪士組に参加したのか。

─────

浪士組に参加する前に一人の男との出会いがあった。

江戸に向かう道中の事である。

天竜に対して、日本の将来を憂いて熱く語ってきていた。

「私と一緒に来ないか!?」

天竜は男に誘われた。

男の誘いに対して天竜が立ち合いを求める。

「俺とやり合ってくれるのかい!?」

「為すべき事をやり遂げた後なら、幾らでも相手してやるよ」

男は他に優先すべきものがあるという理由で、立ち合いは受ける事を前提に先延ばしにしようとした。

天竜が男の言う優先すべきものを尋ねる。

「その為すべき事とは?」

「倒幕」

男はあっさりと極秘にしなければならない様な言葉を言った。

天竜はその様な危険な言葉を聞いて、楽しそうに若気ながら応える。

「やはり」

「どうだ?」

男は天竜の考えに変化が無いかを伺った。

天竜が男の危険な誘いに興味を示す。

「面白いな」

「なら、一緒に来い」

再び男は天竜を誘った。

しかし天竜は男の危険な誘いより、男の存在そのものに、より強い興味を示す。

「でも、お前とは敵になった方が、より面白そうだ」

「なんだと!?」

男は天竜の言う事がすぐには理解が出来ずに疑問を漏らした。

自分の言葉の真意を話す、天竜。

「確かに、お前の話を聞くと幕府側の方が分が悪そうだ」

「だったら何故?」

まだ男は納得が出来ずにいる。

男から漏れる疑問に少しずつ応えていく、天竜。

「何故も何も、だから、だよ」

「だから?」

男は詳しく天竜に訊く。

率直に応えていく、天竜。

「勝てそうな方に付いて勝っても面白くない。分の悪い方に付いて、俺の力で勝たせる事に男冥利がある」

「幾らお前が強くても、お前一人でそんな事が出来ると本気で思っているのか!?」

男は天竜の真意に対する否定的な疑問をぶつけた。

天竜は天竜で全てを承知の上である事を告げる。

「さぁな。本気かどうかはともかく、そっちの方が面白そうだって事だよ」

「そうか。残念だ」

男はやっと納得した様だった。

今度は天竜が男に訊く。

「それで、どうする気だ?」

「何がだ?」

男が天竜に訊き返した。

天竜は男に秘密を知った自分の処遇を確認する。

「俺をこのまま放っておくのか!?」

「ああ、放っておくしかないだろ。今、お前とやり合っても私に勝ち目は無い」

男も率直に応えた。

天竜は楽しそうに話す。

「よく判っているじゃねぇか」

「それにお前の言った事が本当であれば、お前は私の事を誰かに言ったりはしないはずだ」

男は秘密漏洩の心配が不必要な理由を述べた。

男の言う理由に対する疑問を訊く、天竜。

「何故、そんな事が言い切れる?」

「お前は分の悪い戦がしたいんだろう!?」

男は天竜の先程の言葉を逆手に取った。

言われて納得する、天竜。

「確かにそうだな」

「そしてもっと強くなった私と戦いたい」

男は自身の見解を付け加えた。

天竜は男の見解をそのまま受け入れた。

「その通りだな」

そして二人はどちらからともなく笑い合う。

「ふふふ」

「ははは」

数瞬の間、笑い合った後、男が天竜に話し掛ける。

「そういう事なら、私はいつまでもお前の相手をしている暇は無い」

「そうだろうな」

短く応えた、天竜。

「さらばだ」

そう言うと男は立ち去って行った。

「あばよ」

天竜が応えた。

天竜の話相手をしていた男。

その男の名は桂小五郎。

長州藩士であり、その中でも重要な役割を担っていた男である。
[PR]
by gushax2 | 2016-05-09 05:58 | 壱章/人斬り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 壱章/人斬り/挿話弐拾弐/誉める女 壱章/人斬り/挿話弐拾/相変わ... >>