弐章/英雄/挿話拾漆/照らし出された道筋

燿炎達は万象に崩墟と引き合わされる形となった。

そして燿炎は何かを考え込む様に黙ってしまう。

燿炎は万象の名に聞き覚えがあって、それが何なのかを思い出そうと、必死に自らの記憶を探った。

そして暫くしてから燿炎が話し始める。

「五百年程前に炎の大陸を統一した炎帝。そして、その炎帝に仕えた伝説の魔法使い。炎と氷と風の魔法を使いこなし史上最強と謳われる、伝説の魔法使い、その名も万象」

「ほほう。そんな昔の事を知っている者が、まだ、おったんじゃな」

少し感心する様に万象が応えた。

燿炎が驚きの表情を顕にして言う。

「まだ、ご健在だったのですね」

「勝手にわしを殺さんでくれよ」

万象が笑いながら応えた。

燿炎はバツが悪そうに謝る。

「すみません」

「いや、いいんじゃよ。すでに死んでいると思われていても、仕方のない事じゃ」

万象が勘違いされていても無理はない事を伝えた。

そして続けて話をする。

「実はわしはな、全ての精霊の守護を受けておって、その分なのか、寿命が通常の何倍も長い様なんじゃ」

それを聞いた燿炎は万象に訊く。

「と云うと、大地の精霊の守護も受けておられるのでしょうか?」

「そういう事になるかな」

万象はそう応えた。

燿炎が万象に伺う。

「もう一つ、お尋ねしたい事があります」

「なんじゃ?」

万象が短く応えた。

再び燿炎が万象に訊く。

「何故、炎帝の下を離れたのでしょうか?」

「なんの事はない。役目を終えただけの事じゃ」

万象があっさりと答えた。

三度、燿炎が万象に訊く。

「万象が炎帝の傍に居れば、炎の大陸が再び混乱に陥る事は無かったのかもしれないのでは?」

「いや、それは間違いじゃ。確かに、あの時、一時的に、ではあるが、平和を手にする事が出来たのかもしれない。しかし争いに依って手に入れた平和など、そう長続きするもんじゃないんじゃよ」

万象は燿炎の疑問を否定した上で、自身の考えを述べた。

幾度となく燿炎が万象に訊く。

「では、それも定めだと?」

「そうじゃ」

万象が短く応えた。

此処で燿炎は考え込んでしまう。

すると今度は万象の方から訊いてくる。

「主等、こらから、どうするつもりじゃ?」

燿炎は考え込んだまま答えようともしない。

それを見て凍浬が応える。

「露衣土を倒す」

「それは解っておる。その前に、やっておく事があるんじゃよ」

凍浬の言葉を聞いた万象が言った。

今度は凍浬が万象に訊く。

「やっておく事とは?」

「大地の大陸を蘇らせる事じゃよ。そうする事で多くの民衆の支持を得られる」

万象が凍浬の問いに答えた。

凍浬は万象の言葉に疑問を呈する。

「なるほど。しかし大地の大陸はその存在すら明らかになっていないのでは?」

「大地の大陸は南にある。南にある四つの小島で、それぞれ炎、氷、風、大地の精霊の守護を受けて、この星に選ばれた者達の魔法に依り、大地の大陸は蘇る」

凍浬の疑問に対して、万象は信じられない様な話をした。

凍浬を始めに反乱軍の者達は皆、呆気に取られている。

そんな反乱軍の者達を横目に万象は続けて言う。

「主等は崩墟を加えて、この星に選ばれし者達が揃ったではないか」
[PR]
by gushax2 | 2016-06-05 05:50 | 弐章/英雄
<< 弐章/英雄/挿話拾捌/伝説の魔法使い 弐章/英雄/挿話拾陸/最後の欠片 >>