終章/ 光の彼方へ

何だろう。
心地いい。

自分が一体、何者なのか。
そんな事はどうでもいい。

ただただ心地いい。

此処が一体、何処なのか。
そんな事もどうでもいい。

なんて心地いいんだろう。

此処には有らゆる柵が無い。
これが本当の自由というものなのだろうか。

あれ?
自由って、なんだっけ?

まあ、いいか。
この温もりは、なんなのだろう。

あれ?
温もりって、なんだっけ?

まあ、いいか。
自分がどんどん此処に溶け込んでいく様だ。

あれ?
自分って、なんだっけ?

もう、何もかもが、どうでもいい。

その、どうでもいい何かに光が射す。

光に包まれた、その、どうでもいい何かは光に引っ張られる様に光の元へと向かって行く。

遥か彼方にある、あの光へと。

そして感じる。
どうでもいい何かが感じる。

嫌だ。
此処がいい。

先程まで、どうでもよかった何かに感情が芽生える。

嫌だ。
まだ行きたくない。

いや、ずっと此処に居たい。

だって感じるんだ。
判ってしまったんだ。

あの光の先に何が待ち構えているのか。

全てを理解した何かが光の彼方を突き抜ける。
[PR]
by gushax2 | 2016-06-30 05:39 | 終章/光の彼方へ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 後書き/「風を掬う者」を書き終えて 参章/死望者/其の死 >>