<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

壱章/人斬り/挿話弐/物騒な男達

ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、

はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、

二人の侍が足を止めて、年配の方の男から若い方の男に声を掛ける。

「大丈夫か?嘉兵衛?」

「はい、なんとか。六郎殿は如何でしょう!?」

嘉兵衛が六郎の言葉に応えて、更に六郎を気遣った。

ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、

はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、

二人の侍は息を切らしていた。

更には顔から汗が吹き出している。

それも当然であろう。

二人は京の町中から此処まで必死に走って、逃げて来たのである。

「いや~、参った、参った。ちょっと、あそこの木陰で休むとするか」

六郎が嘉兵衛を誘った。

嘉兵衛が短く応える。

「はい」

二人は歩を進める。

ハァ、ハァ、ハァ、

はぁ、はぁ、はぁ、

少しずつ息が整って、汗も引いていく。

六郎と嘉兵衛の目線の百尺程、先に、大きな桜の木があった。

幹の太さは大人が四人で手を繋いで、輪になったくらいの太さであろうか。

花も散り終わって、葉桜もまた、趣を異にして中々に美しい。

そんな桜の根と根の間に先ず、六郎が腰を下ろして幹に背を預ける。

続いて根を一本挟んで隣の根と根の間に、嘉兵衛が腰を下ろして幹に背を預けた。

そして六郎が嘉兵衛に話し掛ける。

「まだまだ夏は先とは言え、さすがに、これだけ走ると暑くて堪らんな」

「そうですね」

嘉兵衛は短く応えた。

ハァ、ハァ、

はぁ、はぁ、

大分、息も収まってきた様だ。

再び六郎が嘉兵衛に話し掛ける。

「全く、今日は付いてないな」

「いや、逃げ切れた様なので、そうでもないのかもしれません」

嘉兵衛の方が前向きな考えを言った。

六郎が嘉兵衛の言葉に納得する。

「なるほどな」

ハァ、

はぁ、

「なんか、あったのか?」

突然に幹の反対側から、声を掛けられた。

途端に六郎と嘉兵衛は立ち上がって、桜の木から距離を取り、刀の柄に手を添える。

そして六郎が訊く。

「何奴?」

「おいおい。声を掛けただけで刀に手を掛けるってのは、どういう了見なんだ?」

桜の木の反対側から、何者かの声だけが届いて来る。

「うるさい!いいから、出て来い!」

先ず嘉兵衛が怒鳴る様に言いながら、素早く刀を抜く。

それに続く様に六郎は黙って、ゆっくりと刀を抜いた。

六郎と嘉兵衛の息の乱れは、すでに収まっている。

代わりに二人の間で緊張感が張り詰めていく。

「物騒な奴等だなぁ。俺の顔を拝みたけりゃあ、こっちに来ればいいだろ」

桜の木の反対側に居ると思われる、何者かは、ぶっきら棒に言った。

六郎達の緊張感なんて、関係が無いかの様である。

何者かの言葉を聞いて、六郎と嘉兵衛はお互いの顔を見合わせた。

二人は一瞬、拍子抜けしたが、すぐにまた気を引き締め直す。

そして六郎が嘉兵衛に目配せをした。

それを受けて嘉兵衛は二歩程、更に距離を取って桜の木の右側から、反対側へと回り込もうとする。

六郎も二歩程、更に距離を取って桜の木の左側から、反対側へと回り込もうとした。

必然的に二人は挟み込む様な形で、徐々に桜の木の反対側へと回り込んで行く。
[PR]
by gushax2 | 2016-04-20 06:13 | 壱章/人斬り

壱章/人斬り/挿話壱/柄じゃない男

時は幕末、此処、京都では、倒幕派の志士達と新撰組と云う集団に因り、毎日の様に血が流されていた。

─────

タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッ、

ットットットットットットットットットット、

余り身分の高くない格好をした侍が二人、通行人の間を縫う様に避けながら、時には接触したりしながらも、京の町中を駆け抜けていた。

前を行く男が後に続く男へ叫ぶ様に言う。

「嘉兵衛!こっちだ!」

「分かりました。六郎殿!」

嘉兵衛と呼ばれた男が前を行く六郎に応えた。

二人の侍は汗だくになりながら、必死に何者かから逃げている様である。

前を行く六郎は三十歳くらいであろうか、ちょうど貫禄が出てき始めたくらいに感じられた。

後に続く嘉兵衛の方は二十代、或いは十代であっても納得してしまうくらいに、あどけなく見える。

その嘉兵衛が大声を出す。

「どけぇい!」

どた~ん!

大勢の通行人の中、一人の男が嘉兵衛に押し退けられて、地面に倒れ込んだ。

男は前のめりになって、倒れ込んでいる。

その男も侍の格好ではあったが、六郎達よりも小綺麗な出で立ちではあるので、それなりに身分のある家柄なのかもしれない。

六郎と嘉兵衛は、男が倒れ込んだ事を気にも留めずに、そのまま走り去って行く。

周囲の通行人の内、多くの者達が倒れ込んだ男に視線を向けていた。

同情の目を向ける者、好奇の目を向ける者、色々な者が居るであろう。

そんな野次馬の中から倒れた男の所へ、女子が一人、駆け寄って来た。

そして倒れ込んだ男に女子が声を掛ける。

「大丈夫!?虎士郎ちゃん!?」

「いててて、」

虎士郎と呼ばれた男が顔を上げながら呻いた。

顔立ちからすると、年齢は二十歳に満たない、と云うところだろう。

端正な顔立ちではあった。

「全く、名前は強そうなのに、てんでだらしがないんだから」

女子は少し笑いながら、そう言った。

とても愛嬌が溢れる女子である。

その表情から年の頃は、まだ若く、十代後半であろうか。

振袖を着ているので、まだ生娘であると思われる。

「待てー!」

「逃がすなー!」

六郎達が来た方向から、数人の者共が追い掛けて来た。

その者共は皆、一様に浅葱色の羽織を纏っている。

新撰組の隊士達であった。

新撰組の姿を確認した通行人は自ら道を空ける。

新撰組に絡まれると面倒な事になりかねないからだ。

そして、その空けられた道を新撰組の隊士達は六郎達を追って、あっという間に走り去って行く。

虎士郎がゆっくりと立ち上がって、裾に着いた土を払い、手に着いた土を払う。

「お園ちゃん、ありがとう」

虎士郎は女子に対して礼を言った。

お園と呼ばれた女子は虎士郎を叱咤する。

「どういたしまして。それよりも、さ。虎士郎ちゃんも一応は、お侍さんなんだから、もうちょっと確りしなきゃ駄目よ」

お園の虎士郎を叱咤する言葉から、お園と虎士郎はそれなりに近しい間柄である事が伺える。

「う~ん、僕はどうも、お侍って柄じゃない様なんだよねぇ」

申し訳なさそうに虎士郎はそう言った。
[PR]
by gushax2 | 2016-04-17 06:52 | 壱章/人斬り

序章/闇の中で

ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、
真っ暗闇の中で、この音だけが響き渡っている。

一体、何の音だろうか。
周囲を見渡しても、真っ暗で何も見えない。

ふと、恐怖と云う虫が全身の有りと有らゆる所から湧いて来る様な感覚に襲われる。

ドクッドクッドクッドクッ、
その途端に音のテンポが速くなった。

そっか。
その音が自らの心臓の鼓動である事を理解する。

ふぅ~。
恐怖と云う虫が一旦、巣へと帰って行く。

ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、
心臓の鼓動もテンポを緩めた。

落ち着いたところで、周囲に声を掛けてみる。

お~い!

言ったつもりなのだが、聞こえてくるのは自らの心臓の鼓動だけであった。

誰か~!

またしても自分の声は聞こえない。
声が出せなくなっているのだろうか。

ん?

声だけではなかった。
自分がどの様な体勢でいるのか、それすらも判らない。

何だ!?

ドクッドクッドクッドクッ、
再び心臓の鼓動のテンポが速くなった。

そして今度は、恐怖と云う虫に体を乗っ取られた様な感覚に襲われる。

うぎゃ~!

思わず悲鳴が漏れた。
しかし、その悲鳴も聞こえない。

ドクドクドクドクドクドク、
一段とテンポを速めた、心臓の鼓動だけが暗闇に響き渡る。
[PR]
by gushax2 | 2016-04-16 07:31 | 序章/闇の中で

詞/ことば

今、最後の風が吹いています。

その風を、この身に受けて、感じるのです。
音を、匂いを、そして温もりを。

風に身を任せ、一体、何処へ。
西へと向かっているのだろうか。

さぁ、行こう、遥かの彼方へ。
さぁ、行こう、風を掬いに。

今、最後の風が吹いています。

その風を、全身で浴びて、感じるのです。
世界を、宇宙を、そして魂を。

風に身を任せ、一体、何処へ。
東へと向かっているのだろうか。

さぁ、行こう、遥かの彼方へ。
さぁ、行こう、風を掬いに。
[PR]
by gushax2 | 2016-04-15 13:53 |